[パタリロのメインキャラクター美少年「マライヒ」。
かわいいと評判のマライヒですが、殺し屋としての壮絶な過去、さらに少年でありながら妊娠出産まで経験するという波乱万丈すぎる人生を送っています・・・ギャグ漫画なのに大変な目にばかり・・・

マライヒの過去は殺し屋

マライヒのプロフィール・殺し屋になる前は?

名前 マライヒ
年齢 18歳
家族 両親(貴族・死亡)
異母妹・キアイラ
パートナー・バンコラン
息子・フィガロ

マライヒは殺し屋になる前は、貴族の両親の元暮らしていたと思われます。
しかし両親が事故で亡くった後、弁護士にギムナジウムに入れられたと言われています。
ギムナジウムにて、先輩であるシャーマンに弄ばれてショックで学校を飛び出し、行くあてもないマライヒを保護したのがラーケン伯爵だったのです。のちにこのラーケンに殺し屋としての才能を見出され、殺し屋へと育て上げらることになります。
その原因となったシャーマンと再開してしまう話「待ってます」にて過去が振り返られています。
パタリロ!―選集 (6) (白泉社文庫)

マライヒ殺し屋に・・・

ラーケン伯爵に拾われたマライヒ。最初は伯爵に捨てられたら行くあてのない自分を不安に思い、食事を作るなどして伯爵に尽くします。
ある日、伯爵に可愛がられていることを妬んだ他の少年がマライヒに物を投げつけました。それを見もせずに交わしたマライヒを見て、マライヒに殺し屋としての才能を見出し、自分の部下に殺し屋として育てるよう指示したのです。
「キーンVSパタリロ」にてマライヒが自分の過去を振り返ります。
パタリロ!―選集 (10) (白泉社文庫)

マライヒは妊娠・出産して子どもまでいる?

殺し屋として、ラーケンの手足となり任務をこなしていたマライヒですが、バンコランに出会うことで殺し屋から足を洗うことができました。ラーケンとそのバッグの組織国際ダイヤモンド機構の情報を話すことで恩赦として自由の身になり、その後バンコランの元で暮らしています。
ところがその後も波乱万丈の人生が続きます。
基本的にはパタリロやバンコランの仕事に巻き込まれたり、恋多きバンコランの恋の相手に狙われたり・・・そして少年という設定のはずが妊娠・出産までしてしまうのです・・・

マライヒは2度の妊娠をしている・・・

マライヒは少年という設定ながら、男性のパートナーを持ち2度も妊娠しています。
1度目の妊娠は「マライヒの赤ちゃん」パタリロ!―選集 (6) (白泉社文庫)にて。
妊娠し、パタリロの元に身を寄せますが、マライヒを妬むバンコランの昔の恋人が乗り込んできて修羅場となってしまいます。
その中でお腹を強く打ってしまい、その後検査するとお腹の中から赤ちゃんがいなくなってしまったのです。
2度目の妊娠は「モヤシ畑で捕まえて」、「ラブチャイルド」で出産。パタリロ! 27 (白泉社文庫)
妊娠出産中もトラブル続きでしたが、無事に生まれた子供は「フィガロ」と名付けられます。
この子供はもちろん普通の子供ではないのですが、それについてはまた別の記事を書きたいと思います。