「明日私は誰かの彼女 第56話」のネタバレ・感想記事です。

海を訪れた彩と雪。
「海に初めて来た」と言う雪に驚きつつ、
彩はキャバクラで働いていたことを思い出します。

明日、私は誰かのカノジョ(3) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

ネタバレ)明日私は誰かの彼女第56話 1mm(27) あらすじ

彩の過去

お隣失礼します、彩華です。
ミニドレスを着て煌びやかなお店で働いているのは彩。
(今の顔になる前らしく顔はわからない)

彩が席に着こうとすると、
一瞬席が静まり、お客さんが吹き出します。

ボーイにブサイクをつけるなと文句を言う客。
ボーイや、同席していた他のキャバ嬢にフォローされながら
席に着きますが、ドリンクももらえず
「水でも飲んでて」
と、彩を無視して盛り上がります。

席を離れるよう呼ばれ、去る後ろ姿に
「キッツ」
と馬鹿にするお客さんの声が聞こえます。

可愛くなれたと思ってたのに!

お客さんの心ない態度に
お手洗いで落ち込む彩。

目を変えたくらいじゃダメなんだ!

鼻?輪郭?どこを直せばいいの?

現在の彩

雪に声をかけられ、ハッとする彩。
2人で砂浜を歩きます。

私35歳なんだよね。

そう言う彩に見えないと少し驚く雪。

「ここまで生きてきたら
今更生き方変えられないよね」

彼氏と別れて自分を幸せにするのは男じゃなく自分。
そう思うようになったと語る彩。

「勝手に金渡してきたのはそっちだし、
訴えてみろっつーの」
とタバコ片手に強気です。

行くところまで行くし行かない。
後悔なんかしない。

今日は連れ回してごめんと雪に謝る彩。
海を見られて嬉しかったと言う雪に
帰ろうと笑顔で声をかけます。

そして1ヶ月後

ネタバレ)明日私は誰かの彼女第56話 1mm(27) 感想

彩の過去は読んでいて、
心が痛かったです。

レンタル彼女のお客さんに対して
辛辣なのは、キャバクラ時代に
お客さんへのヘイトを貯めていったからかもしれませんね。

こうやって漫画で見るとキャバクラのお客さん
最低だなって思うんですけど、
もしホストクラブに行ってブサイクがついたら
ムカつきますからね・・・見た目って残酷です。

「明日私は誰かの彼女」3巻が発売されました!